お手入れ方法

自分でもできる!失敗しない前髪の切り方

  • LINEで送る

前髪カット

 

誰もが一度は挑戦する前髪カット。上手に切るコツ、知りたくないですか?

今回は、失敗しにくい「前髪カットのコツ」を教えちゃいます!!

  • 正しい前髪の範囲をわけ取る
  • 乾かして切る
  • 下を向かない
  • ハサミを斜めに使う

正しい前髪の範囲をわけ取る

前髪の範囲 上から見た図前髪の範囲 ここまで

前髪ではないところまで切ってしまうと、取り返しのつかないことになってしまうので、まずはどこまで切るのかをはっきりさせましょう。

生え際の幅は、男性でいう剃り込みの位置まで。それ以上横にいくと、サイドとの境目がおかしくなったり、角ができてしまいます。

そして、前髪の奥行きは、自然に前に落ちてくる所までが基準です。

多すぎるまたは、少なすぎる場合は、少しづつ前後に調整してみましょう。

 

乾かして切る

髪の毛は、濡れていると長くなります。切ったあとに乾かしてみると短かった!というのは、よくありますよね?そうならないように、乾いた状態で切りましょう。

特に立ちやすい生え方の前髪や、くせ毛の方は注意しましょう。

濡らして指で引っ張ると、髪は思ったより長くなります。その状態でぴったりの長さに切って乾かすと・・・短い!!短すぎ!!

 

前髪のように、1mm単位で調節するような場所は、美容室でも乾かして切っていますよ。

 

下を向かない

自宅で切るとき、大抵の方はテーブルなどに鏡を置いて切るのではないでしょうか?

そうすると、鏡が目線より下にくるため、必然的に下を向いて、上目遣いで切る形になります。

鏡の中ではちょうど良い長さだと思って切ると・・・短い?やっぱり短い!?

失敗しない為には、壁にかけられた鏡にまっすぐ向かって切ることが大事です。

 

はさみを斜めに使う

斜め前髪にするって事ではなく、斜めに構えたハサミの刃先だけを使って、ちょこちょこっと切っていく切り方です。

ハサミを横にして、一気に切ったほうが揃うような気がしますが、ハサミを閉じる時に髪の毛が刃先のほうに逃げるため、切り終わりが長くなると思います。

そして、それを切り直していくと、どんどん短くなって・・・ていう失敗、ありませんか?

 

切れないハサミほど、髪の毛はハサミからこぼれていくため、一気にまっすぐに切る事は難しくなります。

一度に切る本数を少なくして、狙った長さで確実に切るようにしてみて下さい。

失敗しそうな時はサロンへ

それでもやっぱり難しいと思う方は、前髪だけでもカットしに来て下さい。

説明しながら切る事も出来るので、遠慮なく聞いてくださいね。

  • LINEで送る