お手入れ方法

ホームカラーで痒くなった(かぶれた?)…安いの買ったから?

  • LINEで送る

OGカラー ナプラ

「先日、薬局で買ったヘアカラーを使ったら、頭皮が痒くなったけど、安いのを買ったから良くなかったんですかね?」

 と、お客様から質問されました。

 

私は薬局で売っているカラー剤が、どのくらいの価格差で、どの程度品質に差があるのかわからないので、答えに困ってしまったのですが・・・

 

 

1 アレルギーの可能性

 

「頭皮が痒くなった」という所で考えると、ヘアカラーの主成分である【 ジアミン色素 】によるアレルギーの可能性が考えられます。

 

このアレルギーが原因だとすると、世の中の「ヘアカラー」と言われる物どれを使用しても痒くなると思います。

 

もちろん、高い安いの問題ではありません。ジアミンが入っていれば、どんなに高級なヘアカラー剤を使っても同じように痒くなる筈です。

 

もし、ヘアカラーをした後に痒みやかぶれが出た場合は、ヘアカラーを控えたほうが良いかもしれません。

念のため皮膚科へ行くのも良いと思います。

 

2 アルカリによる刺激

 

「痒み」とは少し違うのですが、ヘアカラーを塗った状態で、頭皮がヒリヒリ、チクチクとしみる方もいらっしゃいます。

 

乾燥肌、敏感肌の方に多いのですが、ヘアカラーに含まれる「アルカリ剤」による刺激だと思われます。

 

カラー剤に含まれるアルカリの強さによって、刺激も強弱があると思いますが、市販のカラー剤でその強弱を判断する事は難しいので、今の所はどれが良いとは言えませんね。

 

当店で使用しているのは、オーガニックハーブエキス(5種)と、普通のハーブエキス(6種)、さらに大豆タンパクやヒアルロン酸を配合したカラー剤。

「前よりもしみなくなった」という方も何名かいらっしゃいますよ。

 

3 まとめ

 

要は「値段ではない」という事。

 

内容成分をしっかり把握し、どういったリスクがあるのかを知っておく事が、ヘアカラーとうまく付き合うコツだと思います。

 

痒くなったりかぶれるようなら、使用したカラー剤の箱を持って、皮膚科のお医者さんに相談して下さいね。

 

また、サロンでは極力地肌に付けないようにカラー剤を塗布する事が可能です。重度のアレルギーでなければ、白髪染めも出来ますのでご相談下さい。

 

<

p>メニュー