お手入れ方法

部分染めでも間に合わないなら、カラートリートメントで!

  • LINEで送る

女性 生え際

『染めてもすぐに気になる白髪、部分染めを上手に使おう!』という記事を書きましたが、それでもちょっと間に合わないという方には、自宅での「カラートリートメント」がオススメです。

 

1〜2週に1回の使用で常に白髪をカバー

髪の伸びる早さは、1ヶ月に1cm強。1週間に換算すると約3mm伸びることに!!2週間もすれば6mm以上伸びるわけで、生えてる場所によっては見過ごせません!!仕事などで常に人に合う方には大問題です。

そこで、1〜2週間に1回の「カラートリートメント」を提案。

お風呂に入る前に、気になる白髪の部分に「カラートリートメント」をたっぷり塗り、ラップで覆ったら30分ほど時間を置きます。

そして、洗い流してからシャンプーをすればOK!1回でも目立たない程度には色が付きます。

 

2〜3日連続で使用すると、かなり染まるようですよ。(某お客様談)

 

傷まないのが良い所

頻繁に白髪を染めるとなると、どうしても髪への負担が気になりますが、カラートリートメントならダメージが無いので安心です。

染まりが良くないというデメリットもありますが、それ以上のメリットもありますね。

ホーユー/レセ カラートリートメント hoyu LESSE 245g 【ダークブラウン】

 

全体を染めようとすると失敗する可能性大

カラートリートメントで「全体染め」ではなく【部分染め】がオススメなのは、『塗りムラが出にくいから』。

ヘアカラーでも何でもそうなんですが、前のほうや見える所は簡単なんですが、つむじより後になると急に難しくなります。耳の後ろは大抵塗れてません。

 

でも大丈夫。見えないから・・・。

 

じゃあ、塗らなくてもいいじゃないですか!!

 

って事で、見える所だけ、必要最低限の場所にだけ集中して塗る事をオススメします。その方がトリートメント代の無駄がないし、次回ヘアカラーでのムラ修正もなくて助かります。

 

使うんならヘアカラーメーカーの薬剤を!

ヘアカラーとの併用を想定して作られているhoyu(ホーユー)のカラートリートメントがオススメです。

トリートメントで染めた所にヘアカラーを塗っても「緑っぽくならない」「濁った色にならない」工夫がされています。もちろんトリートメント成分にもプロ用の物が配合されていて安心ですよ。

以前に紹介した記事があるので参考にどうぞ。

『自宅で手軽に部分染め!カラートリートメントの使い方』

 

 

 

  • LINEで送る