貴方に合った白髪染め方法3選

豪徳寺 白髪染め

隠しきれなくなってきた白髪はサロンカラーで解決!

歳を重ねていくと、いつのまにか出てくる白髪。まだ内側に隠れているうちは、何もしなくても良かったのですが、髪の分け目や生え際に見えてくると、どうにかしたいですよね?

でも、白髪染めは髪の根元を染めるため、間違った使い方をすると、髪だけでなく頭皮を傷める原因となります。初めは専門知識のあるヘアサロンで行うのが良いでしょう。

 

茶髪にしてるなら今までとほぼ同じ

もし、あなたがすでに黒髪を明るくするヘアカラーをしているなら、そのカラー剤を「白髪も染まるタイプ」のものに変えるだけで、問題は解決です。いつもと同じようにヘアカラーをするだけで良いのです。

すごく明るい髪色だと、白髪も薄くしか染まらないので、完全に隠すことができませんが、落ち着いたトーンのブラウンなら、白髪もしっかり染まってくれます。美容師なら今までと同じ色になるように、カラー剤を調合しますので仕上がりも安心です。

 

黒髪のまま、白髪を染めたいならマニキュアも

黒髪で仕上がりも明るくなくて良いのなら、ヘアマニキュアという薬剤も良いでしょう。

ヘアマニキュアは髪の表面に色を塗るような感じの染まり方。髪の中の色素はそのまま残るので、黒髪は黒のままですが、白髪は薬剤の色になります。

赤を塗れば「黒と赤」のツートーン、オレンジなら「黒とオレンジ」のツートーンです。もちろんブラックやブラウンもあるので、自然な色に調合できます。

ヘアカラーと違って、髪へのダメージがなく安全ですが、地肌に付くと頭皮が染まってしまうので、綺麗に白髪をカバーしながら塗るには技術が必要になります。自宅できれいに染めるのは至難の技でしょう。

 

ヘナ 豪徳寺美容室 アマンジヲ

天然の色素で染めるヘナは好みが分かれる

ヘアカラーやヘアマニキュアについで問い合わせの多いのが「ヘナ」。hennaという低木の葉を使った草木染めです。化学成分でアレルギーのある方や、健康・環境への関心の高い方によく使われます。

ヘナの基本色は鮮やかなオレンジです。黒髪は明るくならないので、そのまま染めれば「黒とオレンジ」のツートーンになります。

これでは逆に目立つので、通常はインディゴ(ナンバンアイ)を混ぜて濁ったオレンジ(≒茶色)に調合します。色の調節はあまりできないので、ヘアカラーのように気分に合わせてイメージチェンジとはいかないでしょう。

マニキュア同様、髪へのダメージはありません、地肌にも安全です。

ただし、抹茶のような粉末をお湯で溶いてペーストにし、髪の毛が見えないくらいたっぷりと、しかもムラなく塗るのは経験が必要。洗い流すのも時間がかかります。自宅でやる人もいますが、ヘナの扱いに慣れた人と一緒にやったほうが良いでしょう。

 

あなたに合った方法を探します

結局、どれが自分に合っているのか?ますますわからなくなってきましたか?

アマンジヲでは下記の要素も踏まえて、適切な判断をしています。

  1. 白髪の量や場所
  2. 髪質やダメージ度合い
  3. 理想の仕上がり像
  4. 自宅でのお手入れ
  5. ライフスタイル
  6. 時間と料金
ヘアカラー
¥6,000〜
税別
  • 約100分
  • 根元から染まる
  • 黒髪も明るくできる
  • 髪への負担がある
  • アレルギーの心配
ヘアマニキュア
¥6,000〜
税別
  • 約100分
  • 根元は染まりにくい
  • 黒髪は明るくならない
  • ダメージがない
  • 色数は豊富
ヘナ
¥7,000〜
税別
  • 約120分
  • 根元から染まる
  • 黒髪は明るくならない
  • ダメージがない
  • 色数がない

 

ツヤ髪 豪徳寺美容室 アマンジヲ 

まずは空き時間があるか確認を

スタイリスト一人で全ての施術を行いますので、ご相談だけでも予約が必要となります。まずは、都合の良い日に空きがあるか【予約状況の確認】でお確かめください。

※「ヘナ」をしようか迷っている方は、ご予約の際にスタッフまでお伝えいただくか、ネット予約のオプション項目で「ヘナ」にチェックを入れてください。かかる時間が違います。

予約する予約状況の確認

 

  • LINEで送る