サロンメニュー

黒髪派のためのヘアカラーはじめます

  • LINEで送る

4231955649_eaaae1b80a_o

桃の香り、ダメージ感ナシ、ヒリヒリしない

とにかく香りがいい!!桃です、白桃!思わずアハッと笑ってしまうくらい良い香り。

従来のカラー剤の臭いの原因は「アンモニア水」です。アンモニアと聞いただけで「あー、そうそう」と頷く方も多いのでは?

帰ってからもシャンプーの際に匂ってきたりして、かなり気になる存在ですよね。

 

でも、今回のカラー剤にはその「アンモニア水」が入ってないんです!!

 

これが大きな違いです。

 

 

アンモニア水が髪を傷める

そもそも従来のカラー剤に「アンモニア水」がなぜ入っているかというと、髪の毛をアルカリにするため。

アルカリにすることで、

  1. 髪の表面を保護しているキューティクルが緩み、薬剤を毛髪内に入れる事ができる。
  2. (後述する)過酸化水素を水と酸素に変え、その酸素でメラニン色素を漂白する。

しかし、

キューティクルを開けば、中のタンパク質や脂質も流出しやすくなるし、毛髪表面がザラザラになってしまう。また、激しい漂白作用は頭皮にも刺激が強く、ヒリヒリ(ピリピリ)することもある。

なので、このカラー剤には穏やかに反応する弱いアルカリ剤が配合されている。アンモニア水は入っていない。

 

 

過酸化水素も1/3に

アルカリ性になると酸素を吐き出し、髪を漂白する「過酸化水素」だが、ヘアカラーにおける重要な役割もある。

それが、「色素の発色」だ。

カラー剤の中には、まだ小さくて未熟な「色素の素」が入っていて、髪の中に入ってから「酸素とくっついて成長した色素」になる。だから過酸化水素は必要不可欠。

しかし、このカラー剤では漂白をほとんどさせない事で、発色に必要な最低限の過酸化水素の量に留めている。

 

 

まとめ

難しい言葉でわかりにくい説明だったと思うが、結局何が伝えたかったかというと、

新しいカラー剤は・・・

黒髪を明るくはできないけど、ツヤも手触りも香もいい白髪染めですよ。

ってこと。

 

【新メニュー】ヘアエステ&カラー(仮)・・・¥7,560〜(税込)

詳しくはスタッフまでご相談を!!

POLA黒美髪ヘアエステ&カラー(資料)

 

  • LINEで送る