趣味

レディプレイヤーワンの原作を読む

  • LINEで送る

小説の邦題はゲームウォーズ

この春、劇場で公開された映画「レディプレイヤーワン」の原作小説を読み始めました。

小説は邦題が「ゲームウォーズ」なので、これを知らない人は本屋で見つけられないですよね。

しかも、原題は意味がわからない人も多そう。

 

時代は2040年代だが…

物語の世界は、ちょっと未来の2040年代。でも、そこで流行ってるのが1980年代カルチャー!!

だから、音楽はデュランデュランやヴァンヘイレンだし、テレビゲームはアタリ、Apple Ⅱとか。

そして、その時代のゲームのスタート画面に出てくる文字が、

READY

PLAYER ONE

これが、原題。めっちゃオタクですよね〜。

 

映画とぜんぜん違う!!

原作と映画、話の大枠は一緒なんですが、出てくる試練(ゲーム)や内容がびっくりするくらい違います!!

映画の予告編にあった「バーチャルのカーレース」的なものは、原作に無いんです。

読み終わってから考えると、スクリーン映えするシーンは原作にほとんどないのかもしれません。なにしろTVゲームが題材なので。

映画館のスクリーンにインベーダーやパックマンを写しても、あまり面白く無いですからね〜。

観てから読んでも、いい意味でストーリーが違って2度楽しめる作品だと思いますよ。

 

 

  • LINEで送る

スポンサーリンク

ご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください